大学生で世界一周した僕が使っていたクレジットカード3つをご紹介!

こんにちは!360度トラベラーのかなやん(@kyanatabi)です!

 

旅行が好きな大学生の中には「休学して世界一周」を考えている人もいると思います。

 

僕も休学して世界一周をしたうちの一人ですし、旅をしている時も同じ境遇の大学生に出会ったりもしました。

 

そして、世界一周をするならば必ず持っていくことになるのが「クレジットカード」。

 

買い物はもちろん、ATMで現地のお金を引き出す時にも使うことになります。

 

しかし、大学生の場合は、クレジットカードの審査が通らないカードもありますし、簡単に審査が通るカードだと海外旅行に不向きなカードだったりします。

 

そこで、実際に大学生でも審査に通ったクレジットカードの中から、世界一周や海外旅行にオススメのクレジットカード3つを紹介していきます。

1.楽天プレミアムカード

楽天カードマンのCMでおなじみの「楽天カード」。

 

楽天カードにも様々な種類があるんですが、世界一周や海外旅行用のオススメは「楽天プレミアムカード」です。

 

楽天カードの中でも、かなり上位クラスのクレジットカードで、年会費10800円がかかるカードなんですが、なぜ世界一周や海外旅行にオススメなのかというと、「プライオリティパスを無料で作ることができる!」からです。

プライオリティパスとは

楽天プレミアムカードを持っていると無料で作ることができる「プライオリティパス」。

 

このプライオリティパスとは、世界中の空港にあるラウンジを無料で利用できるようになる会員サービスです。

食事やドリンク、お酒もあり、ラウンジによってはシャワーがあるところもあったので、僕が世界一周していたときは何回も利用しました。

 

プライオリティパスは、楽天プレミアムカードのように指定のクレジットカードを持っていると作ることができたり、プライオリティパス単体を申し込むこともできます。

 

しかし、プライオリティパス単体で申し込んだ場合、年会費がかなり高いんですよ。

会員プラン 年会費 ラウンジ利用料金
スタンダード 99ドル 32ドル
スタンダードプラス 299ドル 32ドル(10回まで無料)
プレステージ 429ドル 無料

楽天プレミアムカードで手に入れることができるプライオリティパスは、「プレステージ会員」にあたるんですが、プライオリティパス単体で申し込むと4万円以上します。

 

それが楽天プレミアムカードの年会費10800円だけで済むわけですから、それだけでもかなりお得になります。

 

ラウンジなんて使わなくてもいいよ。。。なんて思う方もいるかもしれません。

 

けれど、ラウンジの食事が豪勢なところもあるし、ほとんどのラウンジがお酒やジュースが飲み放題だし、Wi-Fiもサクサクだし。。。

 

大学生で世界一周となると、予算はなるべく抑えたいという人が多いと思うので、ラウンジは旅中で唯一の贅沢な時間を過ごすことができます。

 

世界一周をしている人の中にも、このプライオリティパスは持っていないという人が何人かいましたが、みなさん口を揃えて「やっぱり作っておけばよかった」と言っていたので、僕は作るべきだと思います。

▶︎▶︎▶︎プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード

学生は最初に「楽天カード」を作ってからのほうがいい

楽天プレミアムカードは上位ランクのカードなので、学生は審査が通らないと思われがちですが、学生でも楽天プレミアムカードを作ることは可能です。

 

楽天プレミアムカードの申し込み基準は、「高校生を除く20歳以上」となっています。

 

確かに、普通の楽天カードよりは審査が厳しくなるので、ある程度の年収やカード会社の信頼がないと通らないかもしれません。

 

まず、世界一周を考えているのであればアルバイトなどの稼ぎは十分あると思います。

 

あとはカード会社に対する信用ですが、これをクリアするために、最初は普通の楽天カードを作っておいたほうが有利になると、個人的に思っています。

 

楽天カードは学生でも比較的簡単に作れるカードなので、最初は楽天カードで楽天への信頼を作り、世界一周の1.2ヶ月前にプレミアムカードの切り替えをすれば、信用問題もクリアできるはずです。

 

もちろん、世界一周出発まで時間がないような方は、最初から楽天プレミアムカードを申し込んでも大丈夫です。

2.Sony Bank WALLET

ソニー銀行の、VISAデビットカード兼キャッシュカードの「Sony Bank WALLET」。

 

クレジットカードとデビットカードは少し異なるんですが、これも世界一周にオススメのカードの一つです。

 

デビットカードを簡単に説明すると、口座に入っている分だけ使うことができるカードで、利用した瞬間に、その金額分が口座から引かれます。

 

クレジットカードだと、支払いは1ヶ月後だったりしますが、デビットカードは即時支払いということです。

 

そんなデビットカードとしての機能を備えたSony Bank WALLETが、なぜ世界一周にオススメなのか。

  • 利用限度額の心配がいらない
  • 手数料が安い
  • 両替レートがいい
  • スキミング対策ができる
  • 審査がないから学生でも持てる

僕が実際にSony Bank WALLETを使用していて、特にオススメしたいポイントを詳しく説明していきます。

手数料が安くてレートもいい

海外でカード決済をする場合、どのカードでも「外貨取扱手数料」というものがかかってしまうんですが、Sony Bank WALLETは、この手数料が他のカードよりも安いんです。

 

クレジットカードの場合、1.6%〜3%ぐらいかかりますが、Sony Bank WALLETは1.76%/回

 

しかも、Sony Bank WALLETの外貨預金口座を開設していて、対象の10通貨の利用の場合はさらに安くなり、外貨が口座に入っている場合の手数料は無料

 

外貨が足りなくても「円からアシスト」という機能があって、足りない分を円の口座から補ってくれるんですが、その場合の手数料も、ドルだと100ドルでたった15円です。

 

また、両替レートが他のカードよりいいのも特徴です。

 

海外のATMでも、VISAもしくはPLUSの表示があるところなら使うことができるので、現金両替やクレジットカードの海外キャッシングよりもお得に、現地通貨を手に入れることができます。

対象の10通貨

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナ

スキミング対策ができる

海外でクレジットカードを使うとなると、気をつけなければいけないのが「スキミング」です。

 

カードの情報が盗み取られてしまうスキミングですが、もし被害にあってしまった場合、お金が全部返ってくるかというと、必ずしも返ってくるわけではありません。

 

世界一周中に出会った知り合いは、スキミングされて16万円盗まれたらしいんですが、そのお金は返ってこないみたいです。

 

僕は、このスキミング対策として、Sony Bank WALLETの口座には使う分だけを入れるようにして、もしスキミングにあってしまっても被害を最小限にできるようにしていました。

 

例えば、ソニー銀行の口座には10万円しか入れないようにして、その10万円がなくなったら別の口座から10万円を移す。

 

これを繰り返して、最大でも10万円しか盗まれないように対策をしていました。

 

クレジットカードだと、利用限度額内だったらいくらでも盗まれてしまいますが、デビットカードのSony Bank WALLETであれば、口座に入っている分しか盗まれないので、うまく使えばスキミングの被害を抑えることができます。

 

また、Sony Bank WALLETは使用した瞬間に、「〇〇円使いました」というメールが届くので、もし不正利用された場合もすぐに気づけるので便利です。

▶︎▶︎▶︎Sony Bank WALLETを申し込む

3.JALカード navi もしくは ANAカード<学生用>

3つ目は、学生用のクレジットカードで、航空会社のマイルを貯めることができるクレジットカードを紹介。

 

JALの「JALカード navi」か、ANAの「ANAカード<学生用>」は、どちらも在学期間中は年会費が無料で、マイルの還元率もいいのでオススメです。

 

学生用のクレジットカードなので、審査も問題ありません。

 

ただ、学生カードということもあって利用可能額が10万円とちょっと少ないので、普段使いのクレジットカードには向かないかなと思います。

 

僕はJALカードnaviを持っていたんですが、普段は2つ目に紹介したSony Bank WALLETを使用し、JALカードnaviは予備として持ち歩いていました。

 

そう考えると、あまり持つ必要のないカードのように見えますが、世界一周の手段によってはかなり役立つかもしれません。

世界一周航空券を使う人は絶対作るべき

世界一周の手段の一つに「世界一周航空券」というものがあります。

 

世界一周航空券航空券とは、航空連合というアライアンスごとに出している周遊航空券のことで、ワンワールドやスターアライアンスなどの種類があります。

 

もし、この世界一周航空券での世界一周を考えている大学生は、必ずJALかANAの学生カードを作るべきです。

 

ワンワールドの世界一周航空券ならJALカード、スターアライアンスの世界一周航空券ならANAカードを作れば、かなりのマイルを貯めることができます。

 

実際に、僕はワンワールドの世界一周航空券を使ったんですが、約30000マイル貯まりました。

 

30000マイルあれば、JALカードnavi限定の減額マイルキャンペーンの期間中なら国際線特典航空券でどこでも行けるマイル数です。

 

このカードで買い物をしなくても、海外1往復分のマイルが貯まると考えれば、作らない理由はないと思います。

 

世界一周航空券については、以下の記事で詳しく書いているので、読んでいただけると嬉しいです。

【世界一周航空券vsLCC】僕が世界一周航空券を選んで失敗した3つの理由

2019年3月6日

 

▶︎▶︎▶︎JALカード naviに申し込む

▶︎▶︎▶︎ANAカード<学生用>に申し込む

世界一周には最低2枚のクレジットカードを持っていくべき

ここまで、世界一周がしたい大学生にオススメのクレジットカードを紹介してきましたが、じゃあクレジットカードは何枚持っていったほうがいいのか。

 

これは世界一周に限らず、海外旅行に行くときも共通する話なんですが、クレジットカードは最低2枚持っていくべきです。

盗難や紛失したときのため

もしクレジットカードを1枚しか持っていないと、もし盗難や紛失に遭ってしまった場合、スキミングされてカードを止めなければいけなくなった時、かなり困る状況になってしまいます。

 

そんなことが起きないのが一番ですが、万が一に備えて複数のクレジットカードを持っていたほうが安全です。

 

ただし、同じ財布にクレジットカードを複数入れていても、盗まれた時は意味ないので、違うバッグに入れておきましょう。

 

僕は3枚のクレジットカードを、メインバッグ、サブバッグ、セキュリティポーチに3ヶ所にわけて持ち歩いていました。

カードが使えなかったときのため

クレジットカードには、VISAやMasterCardのようなブランドがあるんですが、お店やATMによっては使えないカードブランドがあったりします。

 

もし1種類のクレジットカードしか持っていないと、そこでカードが使えなくなってしまうので、できれば違うカードブランドのクレジットカードを複数持ち歩いたほうがいいと思います。

 

VISAとMasterCardがあれば、カードが使えないこともないはずです。

まとめ

旅が好きな大学生にオススメのクレジットカードを紹介していきました。

 

僕もこの3つのカードを持って旅していて、どれも便利なカードだったので、世界一周や海外旅行にピッタリのクレジットカードです。

オススメポイント 年会費
楽天プレミアムカード
  • プライオリティパスが無料で手に入る
  • 海外旅行保険が自動付帯
10800円
Sony Bank WALLET
  • 審査がない
  • 両替レートがいい
  • スキミング対策ができる
無料

JALカードnavi

ANAカード<学生用>

  • 在学期間中は年会費無料
  • 学生カードだから審査が通りやすい
  • マイルが貯められる
無料(在学期間中)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です